• すばや提督軍事的な側面を言えば、原子力発電所や核廃棄物の処理工場等を狙った軍事的攻撃というのは、交渉相手となる可能性がある各国の大使館・領事館等を巻き込む可能性があるために、実際に狙う可能性はかなり低いらしい。 そもそも北は日本と交渉するつもりがあるかどうかで言えばかなり怪しいわけで、米英露など諸国の外交機関を巻き込む事こそを恐れているのだとか。 そうなると、本邦国内で狙われるだろう核関連施設というのは限られてくるわけである。


すばや提督

同様の理由でダーティー系の兵器については、おそらく使用されないだろうとの事だが、これってソウルを火の海プロパガンダ的に考えると、ソウル在住の外交機関は含まれないのだろうかとも思う。
解釈としては南北朝鮮は戦時下にあり、ここに在住する諸外国の外交機関は「それを承知」で大使館や領事館を設置しているので、そこまでは知った事かという考えがあるのだろうか。 > すばや提督

評価した人:
メモ2017/05/17 (水)02:22のメモPC この日のメモ
評価:66評価ポイントを付ける
このページのURL:
Timelogについて 利用規約 プライバシーポリシー 運営会社 謝辞
Copyright © FASHION Stream Inc. Based on the code by SUNLOFT Corp. All Rights Reserved.